¥189,000-(税込み)

16.0ECO 2017モデル。

2016モデルからの大きな変更点はありませんが、グラフィックの変更の他、ステムのパッドが追加となったりステップの形状が変更となる等、少しずつ進化を続けています。

24Vでも駆動可能な車体に36Vのバッテリーを採用する事で、本格的なトライアルのテクニックを実践可能なポテンシャルを持った駆動ユニット。
20.0/24.0と同様の3ダイアルのコントローラーはより細かく緻密なセッティングを実現し、子供達の体格やスキル、トレーニング内容にあったベストなセッティング実現します。

 

 

 

 

パーツスペック
主要諸元
フレーム OSET 16.0 スチール 全長 1320mm
スイングアーム OSET 16.0 スチール 全幅 600mm
フロントフォーク RST テレスコピック コイルスプリング  10mmアクスル 全高 865mm (ハンドル高850mm) 調整可
リアサスペンション OSET スプリング    250lbs ホイールベース 914mm〜
リ ム アルミ 16”x32mm幅 ダブルウォール 28H  最低地上高 216mm
ハ ブ OSET ラージフランジ 28H シート高 482mm
タイヤ F:16"x 2.4"/R:16"x 2.4" 重量(バッテリー含) 34.1Kg

ブレーキ

メカニカルディスクブレーキ 160mmローター 重量(バッテリー無) 24.0Kg
ハンドルバー OSET アルミ 580mm x 31.8φ    
ハンドルステム OSET 50mm  1-1/8"  31.8φ 使用者適正体重 〜36.5Kg
モーター OSET 36V x 800W ※)適正体重は純正のサスペンションセッティングに適した目安の体重です。サスペンションセッティングの変更により、適正体重は変化します。
バッテリー

12V -10A/h x3本

スプロケット P 9T    
スプロケット S 68T    
チェーン #219 118リンク    

写真と実際の製品の色味が異なる場合があります。 製品の仕様は予告無く変更となる場合があります。

 

▼写真をクリックすると拡大写真が開きます。
Size ------
2016モデルからの大きな変更点はありませんが、グラフィックの変更の他、ステムのパッドが追加となったりステップの形状が変更となる等、少しずつ進化を続けています。
 20.0 とのサイズ比較。 (写真の車両は旧モデルです)

ホイールサイズの違い以上にシート高さが低いのがわかります。フレーム・スイングアームや外装はこの16.0Racingの為だけにデザインされた物。「子供達の為にベストなバイクを作る」というOSET社の拘りと心意気が感じられます。


 OSET12.5、16.0、20.0と、12.5インチのプッシュバイク(ランニングバイク)とのサイズ比較。

OSET16.0は身長110cm程度のお子さんから快適に乗って頂けるサイズです。
ステムを長いサイズの物に変更する事でハンドル位置の大幅な変更が可能なので、身長145cm程度までは十分に対応可能です。
Design ------
トライアル用のモーターサイクルをそのまま小さくした・・・というにはホイールサイズがやや小さめですが、フェアリングのデザイン、特にタンク部分からリアフェンダーにかけてのラインはトライアル車そのものです。

シート部分を低くデザインする事で足を地面に着く時のストロークをかせぎ、また転倒時にも逃げやすいという機能面はもちろんですが、何よりも「お父さんと同じバイクに乗ってる!」という子供達の悦びを考えたデザインです。

Safety ------
 「怖くない」というのは、子供達の初めてのモーターサイクルにとってとても大事なこと。
タンク部分のキャップの中に、【スピード】と【パワー】、【レスポンス】をコントロールする3つのダイアルを備えています。 最高速度を「歩く程度の速度」から、大人が本気で走る速度に調整する事が可能。パワーダイアルによりトルクの立ち上がり加減をを変更可能。レスポンスダイアルにより、スロットルの“ツキ”の鋭さ/鈍さを大幅に調整する事が可能です。
「自在に扱える程度の出力とスピードに調整できる」という電動バイクならではのメリットは、子供達が怖がることなくモーターサイクルを楽しみ、大好きな乗り物と感じてくれる事に大きく貢献してくれます。
 メインのスイッチはライディングを妨げない様、タンク上部=コントロールユニットの上部に配されています。
ライダーがしっかりとバイクを管理し、自身でコントロールするという意識を持てる様に。また、保護者が使用を管理出来る様に、モーターサイクルと同様のキータイプを採用しています。

Electric component ------
 タンク部分のプラスチックカバーを開けると、【スピード】【パワー】【レスポンス】の3つのダイアルの下に、OSETの心臓部と言えるコントローラーやヒューズボックスがマウントされています。
万一の電装系のショート等を起こしても、ヒューズの点検や交換を容易に行える様、整備性を考慮したレイアウトです。
Motor ------
 スイングアームに固定されるモーターは36vで駆動する800Wの高出力タイプをを採用しています。
動力源がスイングアームに固定されているという事はつまり、スイングアームが上下に動いてもチェーンのテンションに影響しないという事。モーター駆動は、チェーンの耐久性の向上という副産物を生みました。
Battery ------
 フレーム底部(モーターサイクルのエンジンの位置)に配置されたバッテリー。 『12Vx10A/h』の塩酸バッテリーを3本直列につないで36Vとしています。
モーターの出力とこのバッテリー要領のおかげで、大人が乗車しても驚く程の加速性能や登坂能力を発揮します。

Throttle  ------
 モーターに流れる電流をコントロールするスロットル。電源ON時はインジケーターが点灯してバッテリー残量を表示します。

スロットルの内側にはキルスイッチを装備。転倒時、万一のトラブルでスロットルが戻らないという状況が起こっても速やかに駆動力をカットする事が可能です。
Steering  ------
  【ハンドルバー】と、ハンドルバーとフォークコラムをつなぐ【ステム】は自転車用のパーツを使用。ハンドルクランプ部分の外径が31.8φと太目の物を使用する事で、軽量化と耐久性の両立を狙っています。
市場に存在する多くの自転車用パーツの流用が可能なので、お子さんの成長や上達に合わせた細かなセッティングやカスタマイズが可能です。


2017モデルから採用となったステムパッド。
転倒時や、不意のミスの時に身体のダメージを最小限に抑える配慮です。
Step  ------
〜2016モデルに比べるとやや薄めのデザインに変更。
OSETの進化の次なる段階として、軽量化も少しずつ進めている様です。
Suspention  ------
  フロントサスペンションフォークは『RST社』製の自転車用の物を採用。
16.0Racingの物とは異なり、コイルスプリングタイプのフロントフォークを採用。26インチのマウンテンバイク用のサスペンションフォークなので、市場に多く存在するフロントフォークへの換装が容易。お子さんの上達や求めるセッティングの為の幅広いカスタマイズが可能です。
  リアサスペンションには減衰調整機能無しのシンプルなモデルをを装備。もちろん、16.0Racingに標準装備の減衰機構を備えたモデへの交換も可能です。

OSET社よりセッティングパーツとしてバネレートの異なるスプリングも用意されているので、お子さんの体重と重視するライディングテクニックに合わせた細かなセッティングが可能です。
Brake  ------
  ブレーキには機械式(ワイヤー引き)のディスクブレーキを採用。
油圧>機械式と考えてしまいがちですが、16.0/20.0に標準装備の油圧ブレーキと比べても制動力では全く引けをとりません。
ワイヤーとアウターホースを強化品に変更してやればコントロール性も油圧ブレーキと変わらない性能を得る事が可能です。
 ブレーキパーツもまた、マウンテンバイク用のパーツを使用しているため、市場に存在するほとんどすべてのブレーキを流用可能。
より制動力の高い油圧ブレーキへの変更やローターサイズの変更など、用途に合わせた幅広いアレンジが可能です。
  ブレーキレバーは子供達の手になじむコンパクトなサイズの物を採用しています。
Drive Train  ------
 スプロケットのサイズは16.0Racingと共通。
16インチのホイールサイズと出力を考慮して、トライアルのライディングに適したギア比となっています。OSET社よりサイズの異なるスプロケットが用意されているので、お子さんの体重やテクニックに合わせたアレンジが可能です。
リアスプロケット上部・下部にチェーンカバーを装備。
転倒時のウェアや体の巻き込み防止に加え、子供達が誤ってスプロケットやチェーンを触り怪我をしない様配慮されています。
Tire & Wheel  ------
 タイヤは自転車では定評のある『KENDA』社製。 ブロックパターンのトライアルモデルを採用しています。

スポークの本数は2016モデルに比べて少ない28本とする事で軽量化を意識している姿勢がうかがえます。

 

 

 

HP上の写真の色味は実際の製品と異なって見える場合がございます。また、製品の仕様・価格は予告無く変更となる場合がございます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Copyright : GOLDRUSH 2011