E-Ride Cup  参加規約

 

第1条(本規約の範囲および変更)

 本規約は、E-Riders(以下当団体という)が企画/主催/主管するするイベントへの参加に際して適用される条件を定めるものです。下記第4条に 基づくイベントの参加申込を当団体が承諾した全ての参加申し込み者(以下「参加者」という)は、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
当団体は、参加者に通知を行うことにより、本規約の変更又は細則の制定をすることができるものとします。但し、当該変更規定は細則が通知された後に参加者が イベントに参加した場合は、参加者は当該内容に同意したものとみなされ、当該変更規定および細則は、本規約の一部を構成するものとして、参加者に適用されます。

第2条(参加登録費)

 参加者は、当団体が参加申込の受領後直ちに、通知に記載の方法により、本サイト上その他で当団体が掲示する参加登録費(エントリー費)を支払うものとします。

第3条(イベントの参加申し込み)

 参加者は、本サイト上に掲載する手続、または当団体が定めるその他の手続に従って、参加の申し込み(以下「エントリー」という)を行い、氏名・住所・電話番号・生年月日、その他当団体が定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)をエントリーフォームによる送信、もしくは書面のFAXまたは送付 にて、当団体に提供するものとします。
参加者が、代理人を通してイベントに申し込む場合、代理人と参加者は連帯して、本規約に基づく義務を負うものとします。

第4条(イベント参加申込の承諾)

 本協会は、本規約に承諾し第3条のエントリーを行った参加者に対し、イベントの参加を許諾する旨と、参加登録費の支払方法を適切な手段(電子メール)にて通知するものとします。
当団体と参加者のイベントの提供に係る契約(以下「本契約」という)は、参加登録費全額を支払、当団体がそれを確認したときに有効に成立し、参加者は本規約の定めに従い選手たる資格を取得するものとします。

第5条(申込みの変更・取消)

 エントリーの際に参加者から当団体に提供された情報に不備があった場合に限り、エントリー内容の変更に応じます。
参加者、または代理人がエントリーを行なった後は、如何なる理由があってもエントリーを取り消す事は出来ません。また、参加者または代理人から当団体に支払われたエントリー費の返還は、本規則第9条に該当する場合を除いて、一切行ないません。

第6条(個人情報・登録情報の取り扱い)

 当団体が取得した参加者の個人情報に関する取扱いについては、別途定める「プライバシーポリシー」に則って管理するものとします。

第7条(録音・録画・撮影記録の使用および肖像権の放棄)

 当団体、及び当団体が許諾した団体、企業や個人が、イベントで行った録音・録画・撮影記録は、イベントの記録及びその他の商業上の目的のために当団体が使用できるものとします。
参加者は、本協会、及び本協会が許諾した団体、企業や個人が、イベントで行った録音・録画・撮影記録につき、肖像権は全て主催者である当団体に帰属するものとします。


第8条(参加者資格の中断・取消)

 エントリーする参加者が以下の項目に該当する場合、当団体は、事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該参加者の参加者資格を停止または将来に向かって取り消すことができるものとします。
- イベント内容を適切に理解できない可能性がある場合、もしくは当団体が参加者としての適格性に欠けると判断した場合。
- 本規約に違反した場合。
- その他、参加者として不適切と当団体が判断した場合。
当団体は、本条1項に該当する場合の外、参加者がイベントの進行の妨げになると判断した場合、退場を命じることがあります。

第9条(イベントの中止・中断および変更)

 当団体は、イベントの運営上やむを得ない場合には、参加者に事前の通知なく、イベントの運営を中止・中断および変更できるものとします。

第10条(損害賠償)

 参加者が、イベントに起因または関連して、当団体、主催者並びに主管を行なう団体や個人に対して損害を与えた場合、参加者は、一切の損害を補償するものとします。
イベントに起因または関連して、参加者と他の選手、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、選手は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、参加者に生じた一切の損害を補償するものとします。

第11条(管理責任)

 公共交通機関、道路事情等に起因して、参加者がイベントに参加出来ない場合、当団体は一切の責任を負いません。
参加者は、イベントへの参加にあたり、十分なトレーニングを行い、事前に健康診断を受診するなど、体調には万全の配慮をした上で、イベントに参加する責任を負うものとします。
参加者は、イベントにおいて、自身に危険が生じる事を前提と理解し、自己防衛の手段を、選手自身の責任で講じる責任を負うものとします。
参加者が、イベントに起因または関連して、死亡や負傷した場合、当団体、主催者並びに主管を行なう団体や個人に対して、選手は、一切の責任の追及が出来ないものとします。

第12条(当団体の責任)

 当団体は、故意または重過失に基づく場合を除き、開催するイベントまたは本規約に関連して参加者または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わな い)、間接損害および逸失利益について何ら賠償責任を負わず、通常損害について、当団体が当該参加者から現実に受領した参加費の範囲内でのみ、損害賠 償責任を負うものとします。

第13条(通知および同意の方法)

 当団体から選手への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、当団体からのEメール、もしくは本サイト上の掲示、またはその他当団体が適当と認める方法により行なわれるものとします。
前項の通知がEメールで行なわれる場合には、登録情報として提供されたEメールアドレス宛への当団体からの発信をもって通知が完了したものとみなしま す。但し、登録情報が正確もしくは最新でなかった場合、および、当団体からの通知を受け取れない状態であり、当団体からの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
本条1項の通知が本サイト上の掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって参加者への通知が完了したものとみなします。
当団体は、上記いずれかの方法により選手に通知を行なった場合、通知の完了後10日以内に参加者からの異議申し立てがないか、又は、通知完了後参加者が当団体が企画/主催/主観するイベントに参加した場合には、その時点で参加者が同通知の内容に同意したものとみなします。

第14条(管轄)

 本規約またはイベントに関連する一切の紛争については、当団体、または当団体の支所が属する地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。